2010年05月10日

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】第9回:継田淳さん

おはようございます!ヒルコです!本日も快晴!絶好の戦闘日和ですね!
さてさて、お待たせしました〜!【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】復活!
第9回となる今回は久々のボーイズ登場!脚本を手がけました継田淳さんです!
はりきってどうぞ〜!

tsugita.jpg
「戦闘少女」で脚本を務め、3人の監督たちの個性を橋渡しする重要なポジションを担当した継田さん。今後も要注目です!(イラスト:藤原章)

―継田さんが本作の脚本を手がけた経緯を教えてもらえますか?

T:去年、井口さんの「古代少女ドグちゃん」の脚本をやらせてもらった後、「坂口さん、西村さんとボクが一緒に監督する作品があるけど、脚本をやってみない?」と。まずは東映ビデオさんから「三人のガールズアクションで」というお題があって、井口さんが大まかな人物や設定を考えました。あとは二人で居酒屋の席で食べたり飲んだりしながら、井口さんがアイディア出すのを聞いて、それを脚本にしました。飲み屋のくだらない会話を“そのまま”映像化するというのは、井口作品における大事な方法論です (笑)。こちらから出すアイディアにしても、井口さんの場合、どこにボールを投げても掴んでくれるので楽しいですね。こちらも自由に発想が膨らみますし。

―監督が3人いるという今回のシナリオで、気をつけていた部分はありますか?

T:バランスですね。三パートを三監督が撮って、しかもストーリーは一本、ってあんまりないですから、細かいことやってると絶対破たんする。ですから、古典的なぶっとい物語を置いて、人物はシンプルにしました。書いてるときは、監督が三者三様でイメージの出し方、伝え方が違って、楽しかったですよ。坂口さんは直感型で、その場でパッと出てきたアイディアを大事にする人。最初聞いて「えっ!?」と思ったりするけど、実際に書くと面白いし、出来上がったものを観ると不思議なグルーヴが出ていて良かったです。西村さんの場合は、こちらが書いた脚本を絵コンテで作りこみ、それをバックしてもらってさらに脚本を改訂する形でした。コンテが来るたび、「あれ、このキャラ、空飛んでる……」とか、驚きの連続でした(笑)。とにかく監督の皆さんのアイディアを聞いて、僕が糊付けしてつないでいく。もちろん、客観的な意見も取り入れつつやりました。特に東映ビデオの佐藤プロデューサーはこの作品世界への理解が深くて、非常に的確な指摘をくれましたね。

IMG_7615.jpg
撮影中の坂口拓監督と杉本有美さん


―「片腕マシンガール」から「戦闘少女」まで映画を観て来て、遂に脚本で参加することになった継田さんですが、このジャンルにはどんな印象をお持ちですか?

T:状況が似てるんじゃないかと思うのは、井口さんの好きな鈴木則文監督を始めとして、職人監督さんがピンキーバイオレンスものを撮りまくっていた時代ですね。とにかく濫作されてたでしょう。今はレンタル屋にいくと、「片腕」と似た感じのジャケットが沢山ありますし、ジャンル映画って、いっぱい作られることで全体が盛り上がるというか、盛り上がってるような気にさせられるものなんだな、と思います。ただ、流行ったジャンルというのはいつか必ず廃れるので、今ある需要には必死に応えつつも、次の段階を考えていかなきゃいけないですね。 ASC_0827.jpg



―本作でのお気に入り、おススメのシーンを教えてもらえますか?

T:井口さん、西村さんのパートが面白いのは当然なんですが、坂口さんパートが新鮮でした。狭い家での戦いとか、商店街の戦いとか、メチャクチャなのに不思議な抒情がある。夏設定なのに雪が降ってたり、ドラッギーな感じもいいです。ドラッギーなのは、三章通してそうですが(笑)。

―戦闘少女の上映時間90分っていうのが非常に心地よい体感時間ですよね。

T:脚本の段階ではみんなもっと長くなると思ってたけど、出来上がったら自然にこの尺になった。非常にしっくりきますね。とにかく見せ場優先でストーリーを組み立てていったんですが、上手いことハマっているなぁと。ジャンル映画はこのぐらいの尺が一番いいと思います。

ASC_2072.jpg

―最後に、これからご覧になる皆様へ。

T:何も考えずに観れる、最高のポップコーンムービーです。血しぶきは多いけど、ファンタスティックだし、何とも可愛らしい作品なので気楽に観てほしいですね。

インタビュー・構成:直井卓俊/構成協力:相馬英康

posted by hiruko at 11:19| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

【MUTANT GIRLS INTERVIEW】第8回:志田光さん

皆さんおはようございます!ヒルコです!【MUTANT GIRLS INTERVIEW】8回目です!
今回は女優・志田光さんです!どうぞ〜!

IMG_0306.jpg
女優でありプロレスラーでもあるリアル戦闘少女、それが志田光さんです!

―プロレスはどういう経緯で始めたんですか?

S:最初は女優をやっていて、『スリーカウント』という映画のオーディションを受けにいったらプロレスラーになってくださいと(笑)それが実現すれば、埼玉テレビでレギュラー番組もあると。だから『ロボゲイシャ』の前はプロレスラーでさわやかにジャージで運動したり、OLさんの役だったり。『ロボゲイシャ』のオーディションではプロレス技をかけてほしいと言われて「どういうのがいいですか?」って聞いたら井口監督に「できるだけ見た目が恥ずかしいやつ」って言われて(笑)あれで現実離れした役が初めてで楽しかったです。あそこまで行くともう「ファンタジー」じゃないですか。

―井口監督の現場での印象はどうだったんですか?

S:井口監督は異常なくらいニコニコしてるんですよ。怒られたりもするし、時間がないと空気が悪くなるはずなのに、そんなこと全然なくて。その前に出た映画では時間がなくてすごい怒られていたので。何だこれは、どっちが正しいんだと(笑)

―西村さんとは「ロボゲイシャ」のとき話されました?

S:最初、見た目からして怖い方なんだろうと思ったたんですけど、『戦闘少女』の衣装合わせの時に「今回は●△が膨らんで爆発するからね!」と笑顔で言われて、良い方だと思って(笑)その時まで正直、ビクビクしていました。

―台本もらったときってどんな印象でした?監督が3人いたり、企画が変わっていますが。

ASC_0200.jpg
『戦闘少女』より。志田光さん。手に持っているのが弟なんでしょうか!?

S:監督が3人っていうのは、それぞれの監督さんが言ってくれるままにやれば気にならないんですけど、自分の役に関しては「肉塊のような弟」とか書いてあって読んでも理解できないことが多くて(笑)何だこれ?みたいな(笑)監督さんたちのイマジネーションがすごすぎて字だけで想像するのはダメだな、と。

―そんな西村さんや井口さんたちの作品の魅力は何でしょう?

S:想像力がどこまで行ってしまっているんだろうと。台本があがって、現場にいく間にまた想像がどんどん広がってしまっているわけじゃないですか。イマジネーションが人並みじゃない。それと最後に泣けるんですよね。くだらない!って笑いながら見ていて、最後になんで感動しているんだろうと。物語はすごく悲しくて、重い。考えさせるような話題じゃないですか。 あと、とにかく女の子が強くてかっこいいんですよ!

ASC_1983.jpg
西村監督の頭の中には信じがたいアイディアがたくさん詰まっているのです!

―一方で男がとにかく情けなく死んでいく。井口さんたちの映画の鉄則ですからね。

S:そう、いかにおもしろく死んでいくかという(笑)女性が見たら絶対喜ぶし。おもしろいから是非観てほしいです。プロレスラーとしても、女性にかっこいいなとあこがれてもらうのが良いので。

―初対面の坂口さんや現場の雰囲気は如何でした?

S:坂口さんは白塗りが似合っていてかっこよすぎて。ちょっとくやしいなと。
現場は、すごく和やかで。みんな知っている人たちだし、率先して面白いことをしようとしているので笑をこらえるのが大変でした!

―ヒロインの子3人はどんな印象でしたか?

S:ナース服の森田涼花さんとはお会いしていないんですよ。高山侑子さんの決闘のシーンがすばらしくて。白い戦闘服がお似合いな時点ですばらしいじゃないですか。私があんなの着たら大変なことになっちゃう(笑)戦うシーンとかも練習が大変だったんだろうなと。決めの部分がすごくかっこよく決まっていて、オーラが違うなと思いましたね!

―先日いよいよ完成してすこぶる評判もいいですが、志田さんは未見ですよね。気になるシーンとかあります?

ASC_2133.jpg
『戦闘少女』はまさに東映マークの似合うガールズ・アクションが満載!


S:やっぱり、アクションですよね。私は触手でぐるぐる巻きであんまり動けなかったので。かっこいい3人がどう動くかが。さっきも言った杉本さんと高山さんの二人の対決のシーンを現場で見たらかっこよかったので。あと亜紗美さんの衣装合わせの写真だけみたんですけど、すごくかっこいいです!実際この姿でお会いしてないので楽しみです。

―亜紗美もこのジャンルを支える一人ですもんね。津田寛治さんとかもすごいおもしろいことになっています。

IMG_6606.jpg
すごいことになるらしい津田寛治さんと、その横はいとうまい子さん!

S:津田さん、台本を見ただけでえー!ちょっと!ってなるので。あれが映像になっちゃうんですもんねー。やっぱり井口さんたちはすごい(笑)

―それでは最後に、ご覧になる方々にメッセージを!

S:絶対かっこいい映画だと思うので。強く生きようと思える映画なので。そんな思いつめず大笑いして見て。最後ちょっと考えるみたいな。現代の女性は一人でがんばろうとか多いので励みになると思いますので是非観てください!

(インタビュー・構成:直井卓俊)
posted by hiruko at 10:04| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】第7回:亜紗美さん

おはようございます!戦闘少女ブログ担当・ヒルコです!

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】も第7回目!今回は井口監督、西村監督とも交流の深い女優・亜紗美さん編をお送り致します!張り切ってどうぞ〜!

IMG_0286.jpg
胸ぐら掴まれそうな迫力と女優オーラを併せ持つ亜紗美さん!押忍!

―井口監督、西村監督の作品を支え続けている亜紗美さんですが、今回もまた強烈なキャラクターを演じていますね!

A:その名も"土留"(どどめ)ちゃん(笑)私が知る限り最初はこのキャラクターは無かったですね。私、『戦闘少女』には出られない予定だったんですよ!まだ本作りしてる最中のある日、俳優のデモ田中さんのお店で井口さんと飲んでて「いつか島津さんと対立じゃなくて同じ絵に一緒に映りたいんですよね〜」とか言ったら、井口さんが「それおもしろいねー」と言ってくれて。そうしたら今回の脚本の継田さんと私の役を作ってくれて。土留ちゃんは2人の愛の結晶なんですよ!

IMG_7138.jpg
柳生十兵衛女版?みたいな勇ましいイメージの"土留"さん。

―名前の由来とかあるんですか?

A:”どどめ”は井口さん曰く亜紗美カラーってことらしいんですよ。寒い時の唇の色とかを”どどめ色”って言うでしょ?濁った紫、みたいな。私のカラー、赤とか黒とかだと思ってたんだけど。さすがのぼる!やられちまいましたよ!

―今回の坂口拓さんのアクションというのは亜紗美さんの目にはどう映りましたか?

A:アクションにもいろいろあるけれど、坂口さん率いる”チーム・ゼロス”はとにかく「かっこいい」見せ方を追求してる感じですよね。今回の3人のヒロインがいちいちかっこいいんすよ!決めポーズもいちいち、ね。ちなみにみんな言ってると思うけど、今回の拓さんの白塗り顔がほんとにきれい。彼女がふざけて彼氏にメイクしたら予想以上に可愛過ぎてそのまま喧嘩別れしそうになりそうな。女子たじたじですよ。

―『おいら女蛮』での出会いから、『片腕マシンガール』にはじまるこのジャンルの歴史は亜紗美さんの成長の歴史でもあると思うんです。西村さんのところに特殊メイクの修行したりアクション学んだり。現場でメインの女優業以外もできるから本当に貴重な存在なんじゃないですか?

A:ある種のいじめだよね。このいじめが問題になってる現代社会に!(笑)井口さんと西村さんはドS監督だからさ!『戦闘少女』の現場も相当のカット数を撮らなきゃいけなくて。キシケンがこれからゲロ吐きます。ていうときに、助監督とかいっぱいいるのに井口さんに「あさみ!ちょっと!」って呼ばれて「タイガ君(西村映造)に次のシーンで目玉がいらなくなるかも、って言っておいて」って言われたりして。でも、のぼるのためなら何でもするからね!あたいは。

―頼もしいですね!先日インタビューした加藤夢望さんなんかも亜紗美に憧れて入ってきてますよね。『戦闘少女』と同時期に公開の『スケ番★ハンターズ』も亜紗美主演だから観なきゃって人も多いし。

A:ありがたいっすねえ。いやしかし、夢望ちゃんたちのヒルコ軍団うらやましかった。私も身体のどこかから何か出したかったよ!

―(笑)今回の3人のヒロイン、どうでした?

A:一番がっつり共演したのは有美っぺ!(杉本有美さん)…あ、アクション稽古の時に「”有美っぺ”って呼んでください」って言ってくださって。恐縮して現場では1回しか呼べなかったんで今言っとこ(笑)で、彼女は自分が恥ずかしくなるくらいアクション巧かった!才能ある人ってこういう人なんだ…って。手足長くて顔ちっちゃくてお人形みたい。吃驚したよ!ナチュラルメイクなのにあの目力!飲まれる!食われる!って思いながら戦ってましたね。あと森田(涼花)さんもオーラがハンパない子。見てるだけで癒されるんだけど戦闘シーンではすごいびしっとしてて。役に入り込んでましたよね。あたいね、戦隊ものとか好きじゃなかったんだけどシンケンジャーたまたま観たらイエロー登場の回で。何このイエロー!超可愛いんだけど!って。何この子。何この京都弁!って一気に好きになっちゃって(笑)共演嬉しかったっす!高山さんだけ現場一緒じゃなかったんだよね。

ASC_0731.jpg
亜紗美さんも絶賛の杉本有美さん、森田涼花さん。

―さて!ここで何とたった今取材現場に偶然現れた井口・西村映画の熱狂的なファン、ヨシオさん(仮)を拉致しました。ヨシオさんは例えば『ロボゲイシャ』は何回観たの?

ヨ:11回です!

A:ぶほっ!見上げた男だよアンタは!(笑)

―亜紗美さんの魅力について語ってもらえたら。

A:変なこと言ったらヤキ入れるよ!

ヨ:ひい!男っぽくもあるんだけど可愛いところというか…。まだ全然可愛い演技もできますし!

A:「まだ」ってオイ!(笑)

ヨ:ひい!すみません!あと、アクションもスタントもできるし、しかも脱げる。他の女優さんができない隙間を全部埋められるし、いてくれないと映画が成立しないような、オンリーワンな魅力。限界が無い感じがしますよね!

A:隙間女優!(笑)

―『戦闘少女』に期待するところは?

ヨ:まずヒロイン3人っていうのがもう。いや〜楽しみです。特報観ただけど、出演者がすごい多そうで…今回は何回観りゃいいんだよ!っていう。いっそシアターN渋谷に住もうかな…(遠い目)

ability_ph_top.jpg

―(笑)ヨシオさん、ありがとうございました!是非今回も楽しんでくださいね!

ヨ:ありがとうございました〜。

―では亜紗美さん、改めて井口・西村ワールドの魅力を。

IMG_7353.jpg

A:まず異常なサービス精神っすよね!映画だけじゃなくてイベントまで生身でのサービスもすごいし。60年後に車いすで点滴打ちながらふんどししてるのぼるが目に浮かびますね。ていうか、数年後にはふんどしが私服になる匂いがしてる。うん。してる。あの人たちの面白さは日本じゃまだまだ小さいところにまとまってっちゃる気がしますよね。のぼるは絶対巨匠になりますから!今から観とくと得だよ!後追いじゃ追いつかなくなるから今から。いや、今でもちょっと遅いけどね!

―最後に亜紗美さん自身の今後の抱負を!

IMG_6966.jpg

A:どんだけやさぐれていけるか、すれていけるか。時代に逆らっていけるかだと思うんですよ。男が引くような、手綱が掴めない、とことん1人で生きていける女を目指して突っ走りますんで!そこんとこよろしく!

(インタビュー・構成:直井卓俊)
posted by hiruko at 12:15| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。