2010年05月20日

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】第12回:和川未優さん

こんばんは!真夜中ヒルコです!

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】の第12回目ですよ〜!今回は劇中でヒロイン凛(杉本有美)をいじめる女の子・美奈を演じた和川未優さんです!はりきってどうぞ〜!

DSC_0342.jpg
劇中のいじめっ子役とは対照的に優しい笑顔で答えてくれた和川未優さん。


ーこういうジャンルの映画(スプラッター作品)に出演されたのは初めてですか?

W:そうですね。ホラー作品は2回ほど出演したことがありますけど…。

ー和川さんにとって今作はそれとは違う特殊な映画でした?

W:ハイ、ちょっと違う感じで(笑)

ー海外セールスも意識した作品で過激な描写もありますが、こういうジャンルの作品をご覧になられても大丈夫な方ですか?

W:ハイ、大丈夫です。結構好きですねー。客観的に観られる方です(笑)

ー今回の田所美奈役は主人公の凛をいじめるキャラクターですが、演じられた感想をお聞かせください。

W:一度イジメっ子役を演じたことがありましたが、あからさまに意地悪をするお金持ちのお嬢様役は初めてだったので大変でした。私は下町に住んでいる普通の女の子なので…いろいろ考えちゃいました(笑)

IMG_6333.jpg

ー井口監督はいじめっ子といじめられっ子を描くのが天才的に上手いですからね(笑)役作りについて井口監督と話をしたりしましたか?

W:台本を読んでみて「底意地の悪い役作りをしよう」と思って井口監督に相談しましたが「どんなに意地悪な女の子でも、学校では男の子とか周りの目を大事にして可愛く見せたいという部分があると思うんだよね。」と言われたので、嫌味な部分より可愛さを表現しようと思いました。

ー井口監督は女性的部分を持っていますよね。

W:分かります!(笑)美奈に関しての井口監督のイメージは私が想像していた女性らしさを上回っていましたよ(笑)

ー今回の役は型取りとか特殊メイクが必要な役でしたが、初体験ですか?

W:今回で2回目です。前回も西村映造さんでお世話になりました!

ー閉所恐怖症の方はパニックになると西村監督からお聞きしましたが、型取りは大丈夫でした?形取りをしていると時点で読者の方もわかるかもしれませんが、やはり美奈さんは大変に特殊な状態になるわけですね…!

W:形取りは大丈夫でした。楽しかったです(笑)。美奈が辿る運命に関して、台本で読んで想像はしていましたが、実際の映像は想像以上にスゴかったです(笑)。ある部分が2つに分かれると台本に書いてあったのですが、作品を観たら3つに分かれていました。あっ、増えてるって(笑) 3つに分かれるって…魚の3枚おろしみたいですね(笑)。自分の3枚おろしって、なかなか見られないから貴重でした(笑)あそこは試写でも笑いが起きていましたね。

ー共演時間が長かったのは杉本有美さんですよね。共演してみて如何でした?

W:杉本有美さんはキレイな方だなぁ…と思ったら、何か気が引けちゃって声が掛けられませんでした。泊まりで撮影していた時に「一人だと怖いから一緒にお風呂に入ろう。一緒に寝よう。」と誘われた時にはカワイイ人だなぁと思いました。

ASC_0572.jpg

ー高山侑子さんは所属事務所も同じなんですよね。

W:はい。同じ事務所ということもあり、現場でも非常に話が盛り上がりました。普段はキャッキャとしているので、クールな役柄とのギャップがスゴかったです。現場では、ご一緒出来なかったのですが、泊まる部屋と帰りが一緒だったので、いっぱいおしゃべりをしました。高山さんはさきほど話題に出た運命を決定づけるシーンに大きく関わっているのですが、そのシーンの後「ゴメンね、ゴメンね。」と言われました(笑)

ー高山さんは今回の"玲"役のクールさと真逆の優しい人なんですね(笑)あとは竹中直人さんとも共演されてますよね。

W:アドリブが面白くてすごくて笑っちゃいました。変顔したりして(笑)お金持ちに対するイヤミな感じが出ていて、面白かったです(笑)。

IMG_6905.jpg

ー井口監督のパートにご出演されていたので、坂口監督と接点が少なかったと思いますが、お話されましたか?

W:ちょっとだけ共演させて頂いて、その時に過去の武勇伝をお聞きしましたよ(笑)。白塗りがとても似合っていて。目鼻立ちがキレイなので、際立っていましたね。

ーもう1人の監督・西村さんの印象はいかがでした?

W:過去に型取りで2回お会いしましたが、現場でご一緒したのは初でした。お顔を拝見した時、強面でちょっと怖かったのですが(笑)しゃべるとニコニコ笑顔で優しい方なんですよね。お父さん、って感じでした(笑)。西村さんお手製の血のりも前作で浴びたときは怖かったのですが、今回は慣れたようで楽しかったです(笑)。

ーその他、撮影現場で印象に残ったことはありますか?

W:メイクルームに置いてあった特殊部隊の装甲ですね。最初見た時に「ワァッ!」となりました(笑)。出演者の頭部とか置いてあって…普通の現場では体験出来ませんね(笑)

ー女性ヒルコ一族と人間の戦いを描いていますが、このお話についてどう思われましたか?

W:人間…なんだろう……人間って、他人を理解する前に残酷な事をしちゃう生き物だなぁって。映画を観て、そう思いましたね。

ー主人公の3人はミュータントに変身しますが、実際になってみたいと思いますか?

W:変身してみたいですね(笑)。一個だけではなく、いっぱい変身したいですね(笑)。

ASC_2016.jpg

ーいっぱい!(笑)最後に「戦闘少女」おすすめポイントをお願いします。

こういう映画なので女性は苦手だと思いますが、大人数で来て貰えれば楽しいと思います。私の周りの友達には「バイオハザード」とか好きなので勧めちゃいます。カッコいいですし。寒い中、みんな頑張って撮影に参加して…カワイイ女の子たちが頑張るストーリーなので…女の子も頑張って観に来てください。楽しく観られると思います。大人数でお願いします!(笑)

インタビュー・構成:直井卓俊/構成協力:相馬英康
posted by hiruko at 03:53| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。