2010年03月30日

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】第5回:村田唯さん

丑三つ時にこんばんは!ヒルコです!

早くも『戦闘少女』スタッフ&キャストインタビュー第5弾!女優・村田唯さんが登場ですよ〜!張り切って参りましょう!

IMG_0282.jpg
普段はエレガントな雰囲気の村田さん。インタビューにある「映画自体が映画祭みたいな映画」はズバリ名言です!

―村田さんは"ミス・ロボゲイシャ"なんですよね。あそこからすべてがはじまったわけですが。

M:そうですね♪「片腕マシンガール」をDVDで観て、いきなり井口監督と西村監督がふんどしで出て来て映画の見方をレクチャーしていて、それが出会いでした(笑)自分から選んでみたことがない映画で、元々は苦手なジャンルだったんですけど、とても斬新で伝わってくるものがあったんですよね。それで観るだけじゃなくて実際に携わったらもっといろいろなことが魅えてくるんじゃないかと思ってオーディションに参加しました。自主映画は経験あったんですけど、プロの現場は初めてで、「ロボゲイシャ」という私の未知の世界への挑戦で。楽しくて仕方なかったですね。

―今回の「戦闘少女」の台本を読んでどんな想像をしました?

M:台本だけでは想像しきれない物がありまして…しかも監督が3人なのでスペシャル過ぎてどうなるんだろうって。「ロボゲイシャ」のときも台本だけでは想像できなかったシーンが試写で観て井口さんには最初から、こういうイメージがあったんだ!と感動して。今回の私の撮影自体は3日くらいだったんですけど、他の現場も観たいと思って、見学に行ったんです。それで自分の撮影した日と見学しに行った日が全然繋がらなくて。これはどのシーンもすごいことになってるなあって(笑)

ASC_0172.jpg

―村田さんは今回はちょっと変わった役ですよね。

M:そ〜うですね(笑)ロボゲイシャチームが結集して同じ場所で衣装も違って武器も違って。それで…私だけ武器が無いんです。井口さんと西村さんが「村田、武器じゃないよな」って(笑)みんな変身すると武器が出るんですけど私は武器ではなく踊りっていう。撮影前日に西村さんがCAYさん呼んで振り付けしてくださって。ホテルで必死に練習しました。本番当日、踊る前に雪が降ってきたんですよね。それをすごく覚えてます。

―今回も井口流のおかしな台詞が炸裂してましたね。

M:井口さんはいつも台本に無かったもので、ココこうしようかっって現場で変えたりして、それがすごい面白いんですけど、嬉しい反面井口さんが言うことがおもしろ過ぎてプレッシャーだったりもして(笑)それを超えられるのか、っていう。。今回も、そういったシーンがあって自分なりに爆発してるので是非観て頂きたいです☆

―まだ完成前ですが、現時点で気になるパートなどありますか?

M:3人のヒロインが見事に全員キャラが違って。それぞれのカラーが出てて素晴らしいですよね。いや、とにかく映画の全部が見所になる映画なんだろうなって思ってるんですけど(笑)撮影見学に行った次の日が竹中直人さんと島津健太郎さんがすごいことになる撮影だったみたいなので…あそこはファンの方必見じゃないかと。

IMG_7026.jpg
すごいことになるらしい竹中直人さん(と、島津さん絶賛の新人俳優・鹿角剛司さん)

―女はとにかく強く、男は紙切れのように弱く。が井口ワールドの鉄則ですからね(笑)他に見所やオススメポイントなどを教えて頂ければ…。

M:普段同じジャンルしか観ない方達は、騙されたと思って観にきてらえれば…。もう、、ハマりますよ(*´∀`*)普段スプラッタ-やアクションなどを観ない方が観たら映像的に残酷だって思うかもしれないけど、だからこそ、その裏側に人間味ある大事な面が見えたりして、そういうメッセージ的な物を感じてもらいたいです。三方とも、とても熱い監督さんなので、伝えたいことが心の奥底から感じますし、もちろん映像描写だけでストレス発散させるようなパワー、ビューティーアートもありますし。坂口さんの如月も必見ですね!あと井口さん西村さんの映画は、公開時のイベント自体もスペシャルなんです!!井口さんと西村さんのトークも信じがたいほどに面白いですから(笑)お笑いコンビも組めるんじゃないかと思う位☆

DSC_0026.jpg
上映期間中、村田さん絶賛の井口監督&西村監督によるふんどしトークがまた炸裂するかも?

―確かに、井口さんたちの映画はイベント込みで楽しんで頂けますからね。それでは最後にご覧になる皆様にメッセージを。

はい〜☆今回もきっと映画自体が映画祭みたいな映画です!井口さん、西村さん、坂口さん。本当に熱い魂、野望を持った、お三方の作品に携われたこと、誇りに想っています!そんなお三方の共同監督という本当にスペシャルな、見所満載な映画だと思うので、何も考えずに観に来て頂き、観た方たちとあのシーンどうだったとか、こうだったとか、あのセリフが心に突き刺さったとか、たくさん語り合いたいです。イベントもたくさんあるんじゃないかと思うので、何回も何回も足を運んで頂けたら嬉しいです(・∀・)ノ

(インタビュー・構成:直井卓俊)
posted by hiruko at 01:53| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。