2010年03月25日

【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】第3回:加藤夢望さん

皆さんおはようございます!【MUTANT GIRLS -INTERVIEW-】第3回が登場ですよ〜!3人目の刺客は女優・加藤夢望さんです!張り切って参りましょー!

yumemi.jpg
このクールな雰囲気とは裏腹に熱いトークをしてくれた加藤夢望さん!

ー加藤さんも昨年の『ロボゲイシャ』で井口さんや西村さんと出会ったんですよね。

K:はい!役者をやろうと思って東京に来て、たまたまなんですけど人伝で今回も少し出演してる俳優の石川ゆうやさんを紹介して頂いて・・・それでまた別途友達に、何か最近観たー?という話題のときに井口監督の『片腕マシンガール』を勧められて、しかもゆうやさんの役が好きだと言っていて(笑)それでゆうやさんに連絡したら「今『ロボゲイシャ』っていう映画のオーディションちょうどやってるよ〜」って聞いて。

―すごく運命的な出会いですね〜!それで早速応募して出演したわけですね。この手のジャンルの映画は最初どんな感想でした?

K:正直初めてのジャンルで、観て吃驚しました。こんな知らない世界があるんだ!…って。昔からスプラッターとかも苦手でしたけど、『片腕マシンガール』の時に血まみれで戦う亜紗美さんに惚れ込んでしまってたんです。かっこいい!!って。『ロボゲイシャ』に出演させてもらってさらに素晴らしいということに気づいてしまった(笑)気がつけば西村監督&友松監督の『吸血少女VS少女フランケン』で主役の川村ゆきえさんが血を浴びて気持ち良さそうにしてるのを観て、キレイだな〜って思ってる自分がいて(笑)あ、そうそう。スプラッターシーンもあそこまで突き抜ければアートというか、芸術ですよね!

―今回の『戦闘少女』は台本をもらってどんな気持ちで臨みましたか?

1つ前に西村監督の”パイロット版ドグちゃん”のときからそうでしたけど、何より自分自身が楽しみたいし、それでいてお客も楽しませたい!っていう気持ちで臨めました!台本を最初から最後まで目を通し終わったとき、このすごい世界観をどうやって映像にするんだろう?でも井口さんや西村さんたちのことだからできちゃうんだろうな〜!っていろいろ妄想してワクワクしてました(笑)

―今回の加藤さんたちミュータント軍団も見せ場もたくさんありますよね!

K:はい!また『ロボゲイシャ』で出会ったみんなを呼んでくれて嬉しかったです。今回私はジーンズはいてへんな帽子かぶってるんですけど…衣装合わせのときに井口監督のイメージとしてはスケバンぽくしたいって言ってて、お客さんにそれがちゃんと伝わるか…心配です!(笑)

ASC_0191.jpg

―今回のヒロイン3人は現場で如何でした?

K:第一に…皆さん、お若い!(笑)それでいて可愛いし、凛としてて。実は私、シンケンジャーのレッドを演じている俳優さんが親戚だったりするのもあって、シンケンイエローの森田さんが勝手に繋がった〜って(笑)会えて嬉しかったです!あと自分関わってないんですけど、杉本有美さんの商店街でのアクションシーンとかどうなってるのか気になりますね。台本読んだ段階ですごかったので!

ASC_2035.jpg
※この血気盛んな商店街の方々VS杉本有美さん…のバトルアクションがあるらしいですが、いったいどんなことになるのでしょうか!(ていうかいったいどんなシチュエーションなんでしょうか!)

―お友達とかにはこのジャンル観てもらってます?

K:『ロボゲイシャ』のときとか観たことの無いジャンルだったけど食わず嫌いだったねーって。映画だからこそ出せるあり得ない世界観っていうのがあるねって。あと切られて「切られた!」って言って倒れたりする井口さん独特の演出が面白いとか(笑)観てさえくれれば楽しんでもらえるな、と。あと他の方も言ってると思いますけど強い女の人って同性は憧れます。今回もすごく楽しみです!今後もたくさんの強い女の子たちを描いていってほしいですね。

―まだ完成もしてない段階で申し訳ないんですが、これから『戦闘少女』をご覧になる皆様にメッセージを。

はい、まさにまだ観れてないので、ある意味お客さんと一緒です!!一緒にワクワクしながら楽しみにしてます(笑)とにかく血が出るからとか、食わず嫌いをしないでぜひぜひ観てください!あの、作品が違うんですけど「おバカなことを真剣に」っていう言葉が『古代少女ドグちゃん』の台本に書いてあって。あの言葉が大好きで、今回にも通じると思うんですよ。大爆笑シーンを1つ撮るために大人たちがすごい真剣にやってて、私も何かをやらなきゃ!って気持ちになります。映画じゃなくても、何かを目指してる人にも観てほしいです。私はこれからもこの素敵なエンターテインメント作品たちに携わって行きたいし盛り上げて行きたいと思ってます。映画は人生のスパイスです♪ありがとうございました。

(聞き手・構成:直井卓俊)

★本日のオマケ画像
ASC_0638.jpg
『戦闘少女』の中でも一際芯の強いイメージで、物語の鍵を握る高山侑子さん!要注目ですよ〜!
posted by hiruko at 03:31| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『戦闘少女』公開劇場続々決定DEATH!

ASC_2262.jpg

皆さんこんばんは!ヒルコDEATH!
今日は公開劇場のお知らせにやってきました!

以下、ご確認ください〜!

5/22(土)〜
東京・シアターN渋谷
東京・池袋シネマ・ロサ(レイトショー)
愛知・シネマスコーレ(レイトショー)

6/5(土)〜
大阪・シネヌーヴォ(レイトショー)

この他続々と公開劇場が決まって来ているようDEATH!

地方の皆様も楽しみに待っていてくださいね!

それではまた!

なめんなよ〜っ★
posted by hiruko at 01:29| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

早くもお宝必至!?『戦闘少女』チラシ第1弾完成!

丑三つ時にこんばんは!ヒルコです!次々とホットなニュースが入ってきてますよ〜!

今回はお待たせしました劇場用チラシ第1弾のお知らせです!ななな何と今回は3ヴァージョンあるようDEATH!

まずは1つめ。じゃーん!

mutant_girls_squad1.jpg
その1・杉本有美さん「なめんなよ!」ヴァージョン。

…ってことは…はい。そうです!じゃーん!

mutant_girls_squad2.jpg
その2・森田涼花さん「なめないでください!」ヴァージョン

…ということはもちろんこっちも!どーん!

mutant_girls_squad3.jpg
その3・高山侑子さん「なめんじゃねえぞ!」ヴァージョン

いや〜壮観ですね!ちなみにこのチラシ3パターン共々今月末くらいから映画館にランダムに配られる且つおよそ4月末には第2弾のチラシと入れ替わってしまうそうDEATH!

早くもお宝必至!都内の劇場をくまなく探して3枚揃えてくださいね〜!

それではまた!公開まであっという間に2ヶ月!

じゃんじゃん盛り上げてゆきましょう!
posted by hiruko at 02:49| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。